研究室見学は必要か

スポンサーリンク

私のときは、大学院の入試説明会の後に研究室見学の時間がとられていたので、そこで第一志望の研究室のみ訪問しました。
他にも見学者が3~4人いて、先生が見学者に研究室のパンフレットを配り、数分間研究室のご説明をしてくださいました。

で、行く意味が合ったかというと、微妙です。
まず、研究内容については、研究室のホームページや発表論文などで詳しくわかりますし、
研究室の雰囲気については、メンバーや研究室旅行の写真がUPされている研究室も結構あります。

それと、見学した研究室に合格する保証は全くありません。

ということで、個人的には、入試説明会時に見学時間が取られているか確認して、あれば行く。
なければ、わざわざ行かなくとも、HPで十分じゃないかなあと思います。
先生もお忙しいですし。

挨拶に行くのは、合格した後でいいでしょう。
私は入学直前の3月に挨拶に行きました。
先生に研究室を見せていただき、当時の研究室メンバー(ドクターと、同じ研究室にそのまま進学予定のB4など)と顔合わせしました。
あと、先生に入学までにどんな勉強をしておいた方が良いか、参考書など、アドバイスを頂きました。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

おすすめ

院試問題集:数学  物理  化学生物  情報  電気  機械  入門  プログラム  心理
英語問題集:TOEFL  TOEIC  院試英語
大学教科書:東大(電情)  東大(電気)  東工大(情工)
院試関連書:合格体験記集  志望理由書・研究計画書  院試後早めに読むべき本

実録!東大大学院 総集編
「実録!東大大学院 総集編」
Amazon.co.jpで詳細を見る