院試は上位合格すべき

スポンサーリンク

研究職以外では、例えば、コンサルとか金融とかでは採用担当の人たちは研究の実情にあまり詳しくありません。

わかりやすい成果、例えば賞を取ったとか、海外の学会で発表したとか、そういう実績があるとウケがいいです。(まあ研究職でも同じなんですが)

教授、准教授や助教が超優秀でほぼ言われた通りにやってるだけだったとしても、面接での言い方次第で全くばれません。

だから、ばんばん論文出して賞を取りまくってる研究室に所属する事が大事です。
いいテーマを選んで、研究の進め方とか論文の書き方とかいいアドバイスをもらって、ビジバシしごかれながら成果を出す。自分も成長できます。

そういう研究室は人気です。なので、院試では上位合格が望ましいです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

おすすめ

院試問題集:数学  物理  化学生物  情報  電気  機械  入門  プログラム  心理
英語問題集:TOEFL  TOEIC  院試英語
大学教科書:東大(電情)  東大(電気)  東工大(情工)
院試関連書:合格体験記集  志望理由書・研究計画書  院試後早めに読むべき本

実録!東大大学院 総集編
「実録!東大大学院 総集編」
Amazon.co.jpで詳細を見る