東大院試・全研究科の倍率

前回、「東大院試の倍率推移」と題して、グラフをアップしましたが、工学系研究科だけのものでした。
全研究科のデータを見つけましたので、グラフ化してみました(修士のみ、最新3年分平均)。

スポンサーリンク

志願倍率

東大全研究科倍率内訳

ほとんどの研究科で、内部生志願倍率が1倍以下。
つまり、内部受験生総数よりも何割か多めに採っているということです。
(なのに落ちる内部生がいるわけですが)

また、新領域では内部の受験生が総合格者数の4割程度で、内部から受ける人は少なめですね。

全研究科平均では、倍率2.5倍程度です。

合格率

o0700044012496375491

※内部合格率=内部合格者数÷内部志願者数
 外部合格率=外部合格者数÷外部志願者数

例えば、工学系研究科では、内部合格率は78%で、東大生でも5人に1人は落ちます。
また、外部合格率は25%で、他大でも4人に1人は受かります。

全研究科でみると、内部合格率は67%、東大生でも3人に1人は落ちます
外部合格率は30%、他大でも約3人に1人は受かります

あと気になったのが医学系。半分落ちてますね・・・。

内部:外部の構成比(※内部推薦除く)

o0597060612496375294

工学系・情報理工は内部率が比較的高く、約65%。それでも、3人に1人は他大です。
(※内部推薦含むともう少し内部率は上がります)

一方、新領域・学際情報は外部率が高く、約75%。他大多いですね。

全研究科では、院試合格者の半数は外部・・・。

と、近年こんな状況です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

おすすめ

院試問題集:数学  物理  化学生物  情報  電気  機械  入門  プログラム  心理
英語問題集:TOEFL  TOEIC  院試英語
大学教科書:東大(電情)  東大(電気)  東工大(情工)
院試関連書:合格体験記集  志望理由書・研究計画書  院試後早めに読むべき本

実録!東大大学院 総集編
「実録!東大大学院 総集編」
Amazon.co.jpで詳細を見る